事業実績

2009年~2022年

odorukoto事業

私たちができること
私たちが先輩から学んで受け継いできたことを、次の世代にバトンタッチするときのことを考えています。

そのとき今よりもバレエを取り巻く環境が整っていてほしいです。

技術を磨くことも大切ですが、磨いた技術をどのように活かしていくのかを考え実践しています。

まなぶひと+おしえるひと+ささえるひと=おどること
誰かのためになる「おどること」であってほしいな、と思っています。

自分のことより誰かのために「おどること」が、巡り巡って自分に戻ってくるような気がします。

私たちは、それぞれの立場から同じ目標に向かっています。おどること、素敵ですね。

おどること、経済や産業のこと
「おどること」で、社会をよりよくする方法を常に考えています。

社会での「おどること」の役割は、たくさんあります。

社会貢献として社会の利益に役立てる、

社会貢献活動として社会に役立つ、

社会に貢献することを目的として活動をする、

「おどること」で社会の課題と向き合い、事業を通じてその解決に直接的・間接的に取り組んでいます。

詳細は別サイトでご確認いただけます

odorukotoホームページ

舞台実績

《主催実績》

「​2021年舞台見学会勉強会(ルミエールホール)」

「Dancers of 2009」

「ヴァリエーションフェスティバル」

「ちいさなダンス発表会」

「みんなのダンス発表会」


《招聘実績/興行ビザ取得》

Cherniak Denys氏

(ウクライナ・オデッサオペラバレエ劇場)

※興行ビザ:就労が認められる在留資格。海外バレエ団所属の外国人バレエダンサーが日本で活動を行うためには「興行ビザ」の取得が必要。

​​動画教本制作

協力実演家


《クラシックバレエ》

Kozlova Yuliya

長坂舞美


《ボディコンデショニング》

田中万理

《ダンス基礎》

​北條知子

​実演家との契約